ICレコーダで録音した音をおさめた、普通のCDプレイヤで再生できるCDを作るまで

家庭の事情で

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek V-30

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek V-30

を買った。テトリスのL字ブロックみたいなカバーを外すとUSBのコネクタが出てきて、ぷすっとPCにさして録音した音ファイル(wma)をコピーできる。お手軽。
LPモードで録音した音とHQモードの音を聞き比べたら、断然HQのほうがよかったというかLPの音は聞き取りづらくて実用にはきびしそうなのでHQで録る。
ほんで本題は、このICレコーダで録音した音たちを、CDプレイヤで再生できるCDとして焼くまで物語。

  1. ICレコーダを買う
  2. 録音する
  3. 編集する
  4. iTunesにインポートしてCDを焼く
    • CD-RWの場合、ディスクユーティリティで「消去」しておく
    • ほんでwavファイルをiTuneにインポートして、プレイリストを作って追加して「ディスク作成」でオーディオCDを焼く
    • 650MB/74minのメディアで、1時間14分50秒記録できたって74minって書いてるままじゃんすか
    • ちなみに700MB/79min (CD-R - Wikipedia)
    • 無事、こんがり焼けた!←いまここ
  5. 自由が丘に持っていく

よさげなサウンドエディタがみつかってよかった!
でも実はいっしょにWiimoteも買ったんだけど、こっちはうまく動かんかったので今日は一勝一敗な感じ><