DropboxからGoogle Driveに乗り換えた

DropboxからGoogle Driveに乗り換えた

以前から Mac 複数台、Linux 複数台、iPhoneDropboxを使ってきたのだけど、最近マシンを交換したら3台制限に引っかかって同期できなくなってしまったので、Google One を契約してるのもあり無難なところでGoogle Driveに移行することにした。

方針

  • Googleドライブ直下に Sync というフォルダを作って、このフォルダだけ同期する (以前の ~/Dropbox/ 的な感じ)

セットアップ

macOSはまぁ普通にダウンロードしてインストールして設定すればいいんだけど、Googleドライブ直下のファイルの同期を抑止する方法がわからんかった。

LinuxGUIは必要ないのでGrive2を使うことにした。

0.5.1-dev(2019-07-12現在未リリース)から .griveignore ファイルで同期する対象の指定ができるようになったのでこれを使う。

ビルドとインストールはドキュメントの通り(ソースはリリースページのじゃなくて、git cloneするかmaster.zipを使う)ににして、初回実行はこんな感じ。

$ grive --version
grive version 0.5.1-dev Jul 11 2019 18:10:47

$ mkdir ~/GoogleDrive/ && cd ~/GoogleDrive/

$ cat << EOF > .griveignore
*
!Sync
EOF

$ grive -a

これで Sync だけが同期される。

griveは同期が終わると終了して常駐はしないので、定期的に、更新があったときに同期が実行されるようにする。

今回はホームディレクトリ下のディレクトGoogleDrive を基点ディレクトリとしたので、一般ユーザーで次のように仕込めばよい。

systemctl --user enable grive-timer@$(systemd-escape GoogleDrive).timer
systemctl --user start grive-timer@$(systemd-escape GoogleDrive).timer
systemctl --user enable grive-changes@$(systemd-escape GoogleDrive).service
systemctl --user start grive-changes@$(systemd-escape GoogleDrive).service

ログは journalctl で確認できる。

journalctl -f --user -u grive-timer@GoogleDrive.timer
journalctl -f --user -u grive-changes@GoogleDrive.service

というわけで今までありがとうDropbox

今回のおハマり

sshで入った先で systemctl --user がエラーになるときは、

$ systemctl --user
Failed to connect to bus: No such file or directory

sshd_configでUsePAM yesになっているか確認しましょう。

pam経由からのsystemd-logindからのログインじゃないのでセッションが作られません。

あわせて読みたい